“拠地”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“拠地”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「味方には、大事な防禦ぼうぎょの線。敵がれば、攻め入るに有利な一拠地きょち。——守将、中根正照を苦戦におちいらすな」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「やがて、近々に、甲州表の信玄が、大軍をひきいてこれに参るとせば、この拠地きょちは、いよいよ不利となりましょう。いまのうちに、ぜひとも、他のよき場所へ、御陣替えねがわしく、御秘策もあることとは存じますが……」
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)