“よりどころ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
45.8%
拠所12.5%
所拠12.5%
8.3%
根拠8.3%
依拠4.2%
拠処4.2%
拠点4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かく著者が樗を「おうち」、臭椿を「くそつばき」とするに至っては仮令そこにどんながあったとしても、それは杜撰の甚だしいものである。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
それに何かの拠所でもあったかして、この夜の彦兵衛の仕事にはぐっと念が入り、あのとおり近江屋から神田の代地、そこから正覚橋の向うへまでお艶を尾けて、引続き藤吉を先頭に
虚譚のようだが全く所拠なきにあらず、『旧唐書』に払菻国羊羔ありて土中に生ず、その国人その萌芽を伺い垣をらして外獣に食われぬ防ぎとす。
へのは後に至つて明かならん。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
が、日を経るにつれて、この、考えてみると根拠のない期待は、薄らぐ一方だった。万一ない希望が、しんしんと心を刻む痛さ、寒さに、置き代えられて来た。
それとも別に依拠のある仮作名であるか、一体ドコを指すのであろう。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
「君。想像は禁物だよ。チャンとした拠点のある証言を基礎として考えなくちゃ……」
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)