“たよ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
便43.5%
35.8%
手頼15.0%
1.3%
手寄1.0%
依頼0.6%
0.6%
手依0.6%
頼寄0.6%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
来て一週間すると子供が死んだと云う便りがあった。相生さんは内地を去る時、すでにこの悲報を手にする覚悟をしていたのだそうだ。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
やがての連中も、そんな私の後から一塊りになって、一の懐中電気をりにしながら、きゃっきゃっと言って降りて来た。……
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
つまり私は手箱の中の羊皮紙に書いてある文字を手頼りに雌雄二つの水晶の球を探し当てようそのために世界の旅へ上ったのである。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
『あれは竜神様のおじゃ。これからはにばかりらず、直接竜神様にもおみするがよい……。』
了休禅坊とは在俗中も出家後も懇意に致居りましたを手寄りに、御尋致しましたるところ、御隔意無く種々御話し下され、失礼ながら御気象も御思召も了休御噂の如く珍しき御器量に拝し上げ
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それとも己れに依頼つてみるか。了簡聞かふ
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
すっかり聞き終ってから、みつ枝はやさしくき、弟をるように微笑した、「そしてその方とは、その後もずっとおりを交わしていらっしゃいますの」
百足ちがい (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
日本に学ばれる外国語の中では、英吉利語程範囲の広いものはない。だから日本の文士たちも、大抵は英吉利語に手依つてゐる。
点心 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
或る晩秋の夕暮れに、一人の年寄りが、寺を頼寄って来た。
再度生老人 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
自分はいまだにり一つよこさないという呑気な話、とうてい末始終手頼になるような男ではございません。
災難の濫觴とも、起源ともいうべきその宿とは、先年、鰯をとるといって沖へ出たまま、一向りをよこさぬという七歳をに八人の子供を持つ、呑気な漁師の妻君のの二階の一室で
と言いは言ったが、腹では本当にりない心持がして来た。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)