百足ちがいひゃくあしちがい
江戸の上邸へ着任した秋成又四郎は、その当座かなり迷惑なおもいをさせられた。 用もないのにいろいろな人が話しかける。役部屋にいると覗きに来る者がある。御殿の出仕にも退出にも、歩いていると通りすがりの者が、すれちがいざま同伴者に、 「あれだあれ …
作品に特徴的な語句
がわ たよ おせ かん いで 三叉さんまた たい かけ くつ うかが ねじ 饒舌じょうぜつ おぼ とき いたわ 疑惧ぎく 双木もろき がゆ 百足ひゃくあし ちかい 躊躇ためら たず あつ 素女もとじょ こび 蟷螂とうろう 師家しか けえ たび 恍惚うっとり ゆが たい 母屋おもや むし 溜息ためいき 濃艶のうえん つばめ 狼狽ろうばい はなは 甲羅こうら 畢竟ひっきょう かゆ 百足むかで 盲人めくら まゆ にら 禅寺ぜんでら 秋成あきしげ まれ 種々いろいろ すく はし 綽名あだな ののし はら 肱枕ひじまくら もろ わき 膝元ひざもと ぜん へそ 良人おっと あか 一刻いっとき ひげ 駕舁かごか 饒舌しゃべ 食禄しょくろく あご しき うなず すこぶ 隼人はやと 鉄炮てっぽう 釈迦しゃか さえぎ はる 遊蕩ゆうとう たくま 迂濶うかつ かわ からだ 躊躇ちゅうちょ つる あお 蒼黒あおぐろ やぶ