“朧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おぼろ67.7%
おぼ30.2%
ろう0.7%
オボ0.3%
おばろ0.3%
おぼろげ0.3%
をぼろ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は今でもながら不思議に思う。昼は見えない。逢魔が時からはにもあらずしてる。が、夜の裏木戸は小児心にも遠慮される。
絵本の春 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かたげし農夫の影の、橋とともにろにこれにつる、かの舟、音もなくこれをき乱しゆく、見る間に、舟は葦がくれ去るなり。
たき火 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
自然や草木に対してわり合ひに無関心の老婢のまきまでが美事な蔦に感心した。晴れてまだ晩春のたさが残つてゐる初夏の或る日のことである。
蔦の門 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
明りのさゝなかつた墓穴の中が、時を経て、薄い氷の膜ほどけてきて、物のたゝずまひを、幾分ろに、見わけることが出来るやうになつて来た。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
二十一日の夜、月夜に暗い二の丸のに、四郎出で立って、静かに下知を下した。
島原の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
かく近づいた跫音は、の紫の傘を小楯に、土手へかけて悠然に投げた、にしてに、小波寄するな響きさえ与えなかったにもかかわらず、こなたは一ツ胴震いをして、立直って
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もふわ/\とつて、はら/\はせてにしやうとするらしい、のやうではあるが、山国
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)