蔦の門つたのもん
私の住む家の門には不思議に蔦がある。今の家もさうであるし、越して来る前の芝、白金の家もさうであつた。もつともその前の芝、今里の家と、青山南町の家とには無かつたが、その前にゐた青山隠田の家には矢張り蔦があつた。都会の西、南部、赤坂と芝とを住み …
作品に特徴的な語句
褐色ちゃいろ 可愛かわ あが かむ かえっ つた 最早もは ろう せん かえりみ とげ かつ みさき がまち 歿ぼっ 気兼きが さわや なま 白金しろがね から くさ へだた 一揃ひとそろ 不揃ふぞろ あずか なが まじ 仕舞しま 仲違なかたが 伯母おば たたず 何故なぜ 健気けなげ 兎角とかく 円鑵まるかん 初蝉はつぜみ 刺戟しげき あま いきおい 勤人つとめにん かえ くりや 可哀かわい しか つぶや なご 嗜癖しへき ささや 因業いんごう 土瓶どびん すわ ほこり 執拗しつよう 声音こわね つぼ すん 小夜さよ 小言こごと 巻軸かんじく いろど 御座ござ たちま 怒鳴どな 恍惚こうこつ 恰好かっこう ことごと 悪戯いたずら あわ おも 所詮しょせん 手庇てびさし 技倆ぎりょう そろ 揺蕩ようとう から 敵役かたきやく 早熟ませ 是非ぜひ 朝靄あさもや 朽葉くちば なつめ 楽焼らくやき 横匍よこば