“健気”の読み方と例文
旧字:健氣
読み方割合
けなげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最前、鶴子夫人の健気な心構えも聞いているので、信じてはいるが、もしまちがえば、産婦の一命にかかわるかも知れないのである。
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
家康之を聞き「団右衛門は健気なるものなり、首は見苦しくとも実検せん」とて、法通り実検した。すると、女の痞は忽ち怠った。
大阪夏之陣 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
まきには落着いた母性的の分別が備はつて、姿形さへ優しく整ふし、ひろ子にはまた、しほらしく健気な娘の性根が現はれて来た。
蔦の門 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)