大阪夏之陣おおさかなつのじん
夏之陣起因 今年の四月初旬、僕は大阪に二三日いたが、最近昔の通りに出来たと云う大阪城の天守閣に上って見た。 天守閣は、外部から見ると五層であるが、内部は七重か八重になっている。五階までエレヴェーターで行き、後は階段を昇るのであるが、自分は心 …
作品に特徴的な語句
あわせ たたり かさね いなや いず かの 御宿おんしゅく つかまつり ちなみ いさ あせ もうし だけ ならび いた 居直いなおり 押取おっとり 衿持プライド 質子しちご ほろ とい たしなみ ばん 宗也むねなり 平野ひらの いくさ すて 旌旗しょうき やみ それがし つかえ 罷成まかりなり 落行おちゆく ばか 金方かねかた また 余燼よじん にわか 健気けなげ 備居そなえお 全登なりとよ 八尾やお 公卿くげ およ 勝成かつなり かえ 反駁はんばく 吉川きっかわ 名代なだい 吹貫ふきぬき から しょく 四月よつき うず さむらい 天満てんま 威嚇いかく 宗喜むねよし 封邑ほうゆう 幾何いくばく 従容しょうよう 御筒おんつつ 忠朝ただとも 忠脩ただなか 悍勇かんゆう これ 晦日みそか 曲輪くるわ 月代さかやき 朔日ついたち きた 東成ひがしなり 槍撃そうげき 樫井かしい 此方こちら 気魄きはく 治長はるなが 流石さすが つぶ ほり 煤烟ばいえん 甲冑かっちゅう 畷道なわてみち 畿甸きでん 盛親もりちか 直之なおゆき 相支あいささえ 真子まこ 瞥見べっけん すな 社稷しゃしょく 竜田たつた あかね 蘆原あしはら 訛伝かでん 譫言うわごと