“吹貫”の読み方と例文
読み方割合
ふきぬき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吹貫二十本、金の切先の旗十本、千本、瓢箪の御馬印、太閤様御旗本の行列の如く……」と、『大阪御陣覚書』に出ている。
大阪夏之陣 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
芝翫の五右衛門、大百に白塗立て、黒天鵞絨寛博素一天吹貫掻巻をはおり
両座の「山門」評 (新字旧仮名) / 三木竹二(著)
見よ、旗、馬じるし、吹貫なんど、この西風に、みな京の方へ吹きいておる。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)