“大百”の読み方と例文
読み方割合
だいびゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれが大百のかつら、四天の着附、だんまりの場に出る山賊などに扮して、辻堂の扉などをあけてぐっと大きくんだとき、あらゆる俳優はその光りを失わなければならなかった。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
……随分、ふてえ、小癪に障る、それこそ人の小股をすくうようなことばかり始終しちゃァいるが、もと/\そんな悪党じゃァない。——そんな大それた真似の出来る大百じゃァない。
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
芝翫の五右衛門、大百に白塗立て、黒天鵞絨寛博素一天吹貫掻巻をはおり
両座の「山門」評 (新字旧仮名) / 三木竹二(著)