明治劇談 ランプの下にてめいじげきだん ランプのもとにて
小序 守田勘弥 新富座の大岡政談——元園町の草原——長唄と常磐津の挟み撃ち——外国人の引幕——風月堂の西洋菓子 新富座見物 左団次の渥美五郎——劇場の福草履——島原の芝居——劇場外の散歩——「勧進帳」 市川団十郎 団十郎の部屋——芝居の改良 …
作品に特徴的な語句
みのる 老爺じいや とと うも はぐ まつ しゅう とぼ みの けな だん ぶり もと なぞ とど はた よそ ちご 難有ありがたく 散髪ざんぎり 追剥おいは がえん 役所やくどこ おびや 可申もうすべき のび いや しばらく しのぶ 宿下やどさ 煮染にし さだ のろ 畢竟つまり 紅葉こうよう いだ らん 大向おおむこ 大切おおぎり いつ どころ 便びん ちな かさ とど しら つむ 白痴こけ 敷皮しきがわ 散銭ちりせん てつ かる 贔屓びいき ゆす 矢間はざま こく 掉尾ちょうび 和好わこう 訥子とっし 訥升とっしょう 記録レコード 恍然うっとり べん めぐ やす 座頭ざとう 座主ざぬし ゆか たいら 布晒ぬのざら はま しん 至極しご 山姥やまんば 舞台いた るい 米蔵よねぞう あざ きたな から 補綴ほてい ごえ かわず 菅原すがわら 紅車こうしゃ 惣太そうだ 天下てんが 藪入やぶい