“宿下”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やどさが70.0%
やどお10.0%
やどさ10.0%
やどさがり5.0%
やどりくだ5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「一人いたのですが、前々日に親類に不幸があるというので、暇を取って宿下りをしていました。だから当夜は家内一人きりの筈です」
人間灰 (新字新仮名) / 海野十三(著)
この下地ッ子が、二、三年たってから、盆暮れの宿下りに母親につれられて来て、柳橋へ帰るかえりに寄った。
宿下がりの御殿女中らをよろこばそうとした、一種の当て込みものに過ぎないのであって、竹田出雲の原作の方がすこぶる要領を得ているのであるから、それが舞台の上から全然消え失せたとしても
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
宿下の時と仰しゃっても、本当に七夕様のようでございますね、一年に一度しきゃアお目通りが出来ないのかと思いますと、此の頃では貴方の夢ばかり見て居りますよ
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
人間に慰藉を給はる父よ。精霊よ。願くはわたくしの此胸にお宿下さい。そしてあらゆる罪悪をおし下さつて、わたくしの霊をお救下さい。