“素人下宿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しろうとげしゅく50.0%
しろとげしゅく25.0%
パンシオン25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると上さんがまた、「素人下宿じゃいけませんか」と聞くのです。私はちょっと気が変りました。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それ鐘がと素人下宿を上ぞうりのまま飛び出す、田んぼの小道で肥えをかついだ百姓に道を譲ってもらうなどいうありさまでした。
あの時分 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
デ・ドゥローム街というのは短くて、せまいが、にぎやかな通りで、河岸からそう遠くなく、ロジェエ夫人の素人下宿からできるだけまっすぐに行って二マイルばかりの距離のところにあった。