“安下宿”の読み方と例文
読み方割合
やすげしゆく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りあひに、御旅館とは表看板安下宿るのがあるが、のながあめ、陽氣し、いやな病氣流行るとふのに、小鰯いたのや、のまゝの豆府をつける。
湯どうふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
驚破秋草に、あやかしのついてぞ、と身構したるほどこそあれ、安下宿書生として、出來合らしき夫婦りしが、當歳ばかりの嬰兒を、が、小手のやうにシヤツをへる
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
安下宿一品にぶつかると
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)