湯どうふゆどうふ
昨夜は夜ふかしをした。 今朝……と云ふがお午ごろ、炬燵でうと/\して居ると、いつも來て囀る、おてんばや、いたづらツ兒の雀たちは、何處へすツ飛んだか、ひつそりと靜まつて、チイ/\と、甘えるやうに、寂しさ …
作品に特徴的な語句
背戸せど 加減かげん 百日紅さるすべり ひろ のこ 枇杷びは 不忍しのばず 退治たいぢ かき 内證ないしよう 片手かたて 身體からだ 汁粉じるこ かね 方角はうがく 昆布こんぶ 頬張ほゝば 慘憺さんたん 飯田町いひだまち 飛石とびいし 達者たつしや 石段いしだん 飛出とびだ 薄日うすび 行儀ぎやうぎ かた とゞ ぶた 前栽せんざい 御覽ごらん 大門おほもん かる 二階にかい せま 大根だいこん 第一だいいち したが 小枝こえだ 油揚あぶらげ こと つゞ 逸物いちもつ 説明せつめい いつ 當然たうぜん 幼馴染をさななじみ 蝦夷えぞ さわ 一挺いつちやう 枯葉かれは しづ 澤山たくさん かく 當時たうじ まゐ 陽氣やうき 病氣びやうき 附着くツつ 一枚いちまい 一羽いちは 大嫌だいきらひ 長船をさふね 下宿げしゆく 小兒こども 東照宮とうせうぐう こひ 岡惚をかぼれ はらひ 分明ぶんめい 北山きたやま 安直あんちよく 故人こじん 研究けんきう 名所めいしよ 八疊はちでふ 十年じふねん 蛤鍋はまなべ 魴鮄はうぼう 月末げつまつ 不料簡ふれうけん 寢覺ねざめ 小栗をぐり 格言かくげん 見當みあた 踏鳴ふみな 一端いつぱし 日前にちまへ 病床びやうしやう 五葉いつは 揚言やうげん 木曾街道きそかいだう りやう 中年ちうねん 通帳かよひちやう 姉君あねぎみ 料理方れうりかた