“召”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
49.3%
めし37.0%
5.5%
1.8%
1.4%
0.9%
あが0.9%
まね0.9%
めさ0.5%
おぼめ0.5%
めしや0.5%
めす0.5%
メシ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
可笑なお話をいたしましたが、策伝の話より、一御意ひ、其後数度御前されて新左衛門が、種々滑稽雑談じたといふ。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
『まあ御覧くださいまし。あの無地のおが、とてもよい小紋に染上がりましてな。お仕立も、吟味いたしたつもりでございますが』
死んだ千鳥 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おのが夢に、天照らす大神高木の神二柱の神の命もちて、建御雷の神をびて詔りたまはく、葦原の中つ國はいたくぎてありなり。
地下の歌よみが、おれの三十になつたばかりの頃、「昔見しき堤は、年深み……年深み、池の渚に、水草生ひにけり」
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
氏人たちをびつどへて、弓場に精勵させ、捧術・大刀かきに出精させよう、と謂つたことを空想して居る。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
……お二階病床を、しぶりで、下階八疊さきで、かな秋晴に、どうふをがりながら
湯どうふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「まあ、お美味しさうね、汽車の中でお辨當おりになつたときと同じだわ、まるで山の中から出て來た人みたいよ。」
汽車で逢つた女 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
と、五人十人ずつの、小さい仲間もに駈けつけてくるし、その前に、頼朝からきの書状が飛んでいる葛西領、豊島領あたりの僧も二十、三十と郎党をきつれて、途中から加わった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此時江戸表には八代將軍吉宗公近習れ上意には奉行越前守は未だ病氣全快は致さぬか芝八山に居る天一坊は如何せしやとと御溜息
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
………おろかなりし心より思ししを
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
百果報のあんで、みすゞりのあもの、心ある者や、御主加那志御為御万人に、うしやげらば、やだによ、はらうぢもおのそだている、事拝で、高札ち、道側に立てゝ
ユタの歴史的研究 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)
夫はマア御愛惜い事然樣は成程御道理恩を受て恩を知ぬは人でなしとは云ものゝ力業にもかぬは金の才覺うか仕樣が有さうな者と夫婦は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
秀吉ガ御馬ノ先手衆鑓合セ申スト等シク、日向守ガ備ヘヲバ突キ崩サレ、一町バカリ引退ク処ヘ、又々、敵ノ先手カケ候ヘバ、秀吉、味方若シヤ押掛ラレクヤト思シケム
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)