“召喚”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しょうかん83.3%
めしよ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“召喚”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > アジア50.0%
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓6.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それゆえにいよいよ私を召喚しょうかんするの必要あらば、このネパールへして命令を下して戴きたい。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
帆村は、事件の参考人として、さきに帰って行った星尾、園部、川丘みどりの三人を、出来るだけ早く、この場へ召喚しょうかんすることが必要であると思った。
麻雀殺人事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「余の儀でもありませんが、じつはこの清高、鎌倉へ召喚めしよばれて、このたび、きついご叱責しっせきをうけて帰りました」
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)