“召縮緬”の読み方と例文
読み方割合
めしちりめん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
半襟は、黒に、の穂がに白い、紺地によりがらみの細い格子、お召縮緬の一枚小袖、ついわざとらしいまで、不断着で出たらしい。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さんの記憶している五百の話によるに、枳園はお召縮緬を着て、海老鞘脇指を差し、歩くにを取って、剥身絞を見せていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
山がって段々縫い縮めたから幅が狭く成って居りまする、其の上にお召縮緬の小弁慶の半纒を引掛け、手拭糠袋を持って豆腐屋の前を通りかゝると