“めしちりめん”の漢字の書き方と例文
語句割合
召縮緬100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と云うと、いつもはお召縮緬めしちりめん召物めしものだが、今日は渋いおなりをして見せようと思ってと、又モヤ/\として、
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
さて見れば、鼠縮緬ねずみちりめん裾廻すそまわし二枚袷にまいあわせの下着とおぼしく、薄兼房うすけんぼうよろけじまのお召縮緬めしちりめん
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)