“紫繻子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むらさきじゅす66.7%
むらさきじゆす22.2%
サテン11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肉襦袢の上に、紫繻子に金糸でふち取りをした猿股をはいた男が、鏡を抜いた酒樽の前に立ちはだかって、妙に優しい声でった。
踊る一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
赤い襦袢の上に紫繻子の幅広いをつけた座敷着の遊女が、手拭に顔をかくして、かゞまりに花道から駈出したのである。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
彼女は、リボンのかわりに叔母の裁ち屑箱から細い紫繻子布端を見つけ出した。
(新字新仮名) / 宮本百合子(著)