“紫縮緬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むらさきちりめん88.9%
むらさきぢりめん11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何か出て来るかもしれないと勘次が上部へ指を入れると、触った物があるから引き出した。紫縮緬女持の香袋、吾妻屋のがしてある。
先日亡くなつた喜劇俳優渋谷天外は、何処へくのにも、紫縮緬の小さな包みを懐中にねぢ込むで置くのを忘れなかつた。
紫縮緬の被布を買つて貰つた嬉しさと、少し薄暗いやうな部屋に、ピカ/\光る着物を着た番頭に「何卒こちらへ」と案内されて
買ひものをする女 (新字旧仮名) / 三宅やす子(著)
そうして二人ともに藤の花の模様のの振袖を着ておりました。それから頭ととはこれも対の紫縮緬女頭巾を、スッポリとっています。