“絽縮緬”の読み方と例文
読み方割合
ろちりめん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
着いたとき彼女は、胸からにかけて派手な秋草模様のついた絽縮緬単衣に、けばけばしく金紙銀紙を張りつめた帯を背負っていた。
敷居からすぐにったが、、見る目も涼しく、桔梗が露に浮く、女郎花に影がさす、秋草模様の絽縮緬をふわりと掛けて、白のシイツをに敷いた。
露萩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私の絽縮緬単衣んで「X女史にこんな模様は似合うな。」(X女史はX夫人だ、氏は自分とX夫人と世間がをして居るのを知らないらしい。)
鶴は病みき (新字新仮名) / 岡本かの子(著)