“絽繻珍”の読み方と例文
読み方割合
ろしゆちん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白地の明石縮着更へると、別家の娘が紅の絽繻珍の帯を矢の字に結んでくれた。塗骨の扇を差した外に桐の箱から糸房の附いた絹団扇を出して手に持たせてくれた。
住吉祭 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)