“綿繻珍”の読み方と例文
読み方割合
めんしゆちん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手織縞單衣綿繻珍の帶を締めて、馬鹿に根の高い丸髷に赤い手絡をかけた人が、友染モスリンの蹴出しの間から、太く黒い足を見せつゝ、から二人を追ひ拔いて、停車場け込んだ。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)