“手絡”の読み方と例文
読み方割合
てがら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も紅も似合うものを、浅葱だの、白の手絡だの、いつも淡泊した円髷で、年紀は三十を一つ出た。が、二十四五の上には見えない。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
毎日夕方からお湯に入りに行くことを日課にしているその女の意気がった髪に掛けた青い色の手絡らなく厭味に思うものであった。
桜の実の熟する時 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
御倉さんはもう赤い手絡の時代さえ通り越して、だいぶんと世帯じみた顔を、帳場へしてるだろう。とは折合がいいか知らん。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)