桜の実の熟する時さくらのみのじゅくするとき
思わず彼は拾い上げた桜の実を嗅いで見て、お伽話の情調を味った。 それを若い日の幸福のしるしという風に想像して見た。 これは自分の著作の中で、年若き読者に勧めて見たいと思うものの一つだ。私は浅草新片町にあった家の方でこれを起稿し、巴里ポオル・ …
作品に特徴的な語句
しまっ はや 其処どこぞ あつさ しな 矢張やっぱし ゆる 跪坐ひざま つな ゆす 的確はっきり なごや たかま じき ばり 生長しとな ところ よし えだ たか かお きちがい ふか 微笑えみ いそが 点火つけび かなし 邂逅めぐりあい たすか しまい 緩慢なめらか 出入ではいり べか とこ かたわ 嘉納よみ 躊躇ためらい 通路みち 通過とおりこ そら あた 彫刻きざ 揷話エピソード 御下おさが 年齢どし こころ 取除とりはず 不可いかん かむり あれ たもと おく とっ 御供おそなえ 蘇生いきかえ 背負おぶ いで あせ ぎら ほど 少許ちっと きっ 階段はしごだん 怪訝かいが 成長しとな とぼ きゆう はた うち 稚児ちじ きん はね 勤行つとめ っか あこ よそ いかめ まっ 収穫とりい 矢張やっぱり かえ 峻烈きび ひろ 就中わけても 千住せんじゆ 将来さき 磨滅すりへら