“てがら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
手柄45.9%
手絡30.2%
6.9%
手功6.3%
功名2.5%
功績1.9%
殊勲1.3%
勲功1.3%
功労0.6%
効績0.6%
0.6%
手勲0.6%
軍功0.6%
髪飾0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天子さまはたいそう頼政手柄をおほめになって、獅子王というりっぱなに、お一重えて、頼政におやりになりました。
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)
御倉さんはもう赤い手絡の時代さえ通り越して、だいぶんと世帯じみた顔を、帳場へしてるだろう。とは折合がいいか知らん。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
何じゃ騒しいな。ふ、ふ、あ、あ、それは結構。何さ、しかし心配には及ばぬよ。殺されたものは損、照子殿はじゃ、妖物
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
自分も恥なき戦いはしたつもりであるが、これという人目立つ手功は何もないせいであった。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あわれかかるものに成るべきならば功名を得させて、多年ける心願かざらしめたし、草木とともに朽ちて行く人の身はもとより因縁仮和合
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
勿論男の憎い事などは産が済んだ一刹那に忘れてしまった自分は、世界でこの刹那に一大功績を建てたつもりですから、最早如何なる憎い者でもしてやるといったような気分になります。
産屋物語 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
見よがしの殊勲は、すでに殊勲にてはなきぞ。八幡照覧、信長の眼前、ただきょうを一期無我無性に働く者ぞの織田武士なれ
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何か勲功があったので褒美に王様からった駱駝を一匹った男があった。男は喜んで料理に取りかかった。なにしろ大きな駱駝一匹料理するのであるから手数がかかる。
愚かな男の話 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
この体態を見て、事の由来を尋ぬるに、黄金丸はありし仕末を落ちなく語れば。鷲郎もその功労を称賛しつ、「かくては御身が疾病も、遠ほからずして癒ゆべし」
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
何も夜更ししてまで克明に答案を調べるにも及ばない、爪先で一々跳ね飛ばしてもよく判る筈なので、それを発明した和田垣博士の効績は、立派な天才の事業である。
このときにはその人は他ののべつに作を発表している作家より、はるかに切な、深い生き方をしているのに、文壇的には何のもなかったことになる。
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
「光秀。——桑名滝川一益より、頻々、援軍の催促である。そちも、出向いて、ひと手勲いたして来い」
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
よい軍功をあげさえすれば、嫁などは、三国中の好きな女を選ぶことができるではないかと。
篝火の女 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
丁度、旦那様の御留守、母親は奥様にばかり御目にったのです。奥様は未だ御若くって、丸髷に結って、桃色の髪飾を掛た御方でした。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)