草枕くさまくら
山路を登りながら、こう考えた。 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。 住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟 …
作品に特徴的な語句
牡蠣かき いそ 稲妻いなずま 素足すあし 囲炉裏いろり 煙草盆たばこぼん 藁草履わらぞうり そそ 眉宇びう 御褒美ごほうび なみ 脚下きゃっか 懸想けそう たみ 鵜呑うの 撞木しゅもく 美事みごと 馴々なれなれ ぬか 惜気おしげ 浮世うきよ 土堤どて 布団ふとん 平家へいけ 淋漓りんり 馬子まご 半襟はんえり 唐草からくさ 塹壕ざんごう 手足しゅそく 標榜ひょうぼう 友禅ゆうぜん 四谷よつや 八百屋やおや 精緻せいち 初手しょて 有耶無耶うやむや 頑是がんぜ 頭蓋骨ずがいこつ 鬼魅きび 人魂ひとだま 彗星すいせい 煩瑣はんさ 含蓄がんちく 屈托くったく 御蔭おかげ 気兼きがね 一筋ひとすじ 咳払せきばらい 湯治とうじ 言下ごんか 草双紙くさぞうし 窮屈きゅうくつ 向島むこうじま 一叢ひとむら 三途さんず せん 真逆様まっさかさま 御挨拶ごあいさつ 仁王におう 奥床おくゆか 未練みれん 催促さいそく 朧夜おぼろよ 鼓舞こぶ 齷齪あくそく 乾坤けんこん 吾々われわれ 両人ふたり 幽邃ゆうすい 女形おんながた 四隅よすみ 海棠かいどう 咆哮ほうこう 解脱げだつ 悠長ゆうちょう 余韻よいん かつら 棕梠しゅろ 煙硝えんしょう しとね 存外ぞんがい 幾年いくねん しめ 下町したまち 山姥やまうば 手持無沙汰てもちぶさた 真平まったいら 途切とぎ 道端みちばた 面当つらあて 小石川こいしかわ 庭前ていぜん 見計みはから へい 手応てごたえ 痩躯そうく 遜色そんしょく 金目かねめ