草枕くさまくら
山路を登りながら、こう考えた。 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。 住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟 …
作品に特徴的な語句
しょっ どたま きょう 微笑うすわらい ぬる たよっ 宿とまっ 出立でだ ちょく いぬ わたく へつい とこしな うずま 御前おめえ おそれ 悠然ゆうぜんとして きわみ わずらい 穿 端折ばしょ ふん かん さっき ぽう ぺら 蜿蜒のたくっ せい 饒舌にょうぜつ あげ とう じゃく どま わっち いさおし 老嫗ろうう みず さかし ちげえ うわ おろ いつ ゆう ふん じる 口説くどい ごう 寛容くつろげ しり おもわ しょ 温泉でゆ わっし こう おお しょう べん 道理どうれ こっ 何日いくにち あにき どう そく たっ うし つかえ 気狂きちげえ 水草みずぐさ 狼狽うろたえ はじ かい ちょう ぺん ぎゃく おち 首肯うなずき 一層ひとしお 乙鳥つばくろ 倦怠けったる 凹凸ぼこでこ