“烈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はげ95.6%
はげし2.2%
ひど0.7%
はげしき0.4%
れつ0.4%
0.2%
0.2%
ハゲ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時A操縦士がちらとをふりかえった。風はますますしくなって、そのうえ雨さえ加わって来たので機体は無茶苦茶に揺れた。
飛行機に乗る怪しい紳士 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「そうですね、あんまり物音がいから、私はまた火事ででもあるのか知らんと思ったよ。」
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ハイ有り難うござります、彼めが幼少ときは虫持で苦労をさせられましたも大抵ではござりませぬ、漸く中山の鬼子母神様の御利益で満足には育ちましたが
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
悍悪の事に狼の字をいふもの○残忍なるを豺狼の心といひ○声のおそろしきを狼声といひ○しきを狼毒といひ○事の狼々反相ある人を狼顧を中山狼○狼飡
あまりに強な現實が自分の周圍をめまぐるしく走つてゐるのに、自分にはそれがよく解らないのである。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
あれに嫉妒を加えたら、どうだろう。嫉妒では不安の感が多過ぎる。憎悪はどうだろう。憎悪はげし過ぎる。? 怒では全然調和を破る。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ああで風だ。今度はすっかりやらへる。一郎。ぬれる、入れ。」
風野又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
スベテノシク、スベテノデアル。所詮ンヅホツレツデアル、ヨロメキ、ヨロメキ、モ、モ、ソレカラ、マタ、林氏シク一様サレテルヨウダ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)