風野又三郎かぜのまたさぶろう
九月一日 どっどどどどうどどどうどどどう、 ああまいざくろも吹きとばせ すっぱいざくろもふきとばせ どっどどどどうどどどうどどどう 谷川の岸に小さな四角な学校がありました。 学校といっても入口とあとはガラス窓の三つついた教室がひとつあるきり …
作品に特徴的な語句
ねま うな ごしゃ あい まい 燈火あかし 川添かわぞ 白光しろびかり 転覆おっけあ 狂人きょうじん へん もっとも げん なに さお はず 年老としよ ぶえ こわ 花粉かふん かた 草刈くさか こまね こさ たず かじ やわ たば つる あい やわ ほて あわ 黄金きん うか 渦巻うずまき とんび のぼ のぼ にわ ごろ ほと みな 先頃せんころ やつ けむり とこ とな におい 砲台ほうだい メートル 腰掛こしかけ みの 燈籠とうろう 箇条かじょう はず ふえ わた せま 無暗むやみ 竜巻たつまき 湧水わきみず りゅう くぼ 玩具おもちゃ 湿気しっけ いね かど たま にご 白樺しらかば 白壁しらかべ かわら つか ぴき