風野又三郎かぜのまたさぶろう
九月一日 どっどどどどうどどどうどどどう、 ああまいざくろも吹きとばせ すっぱいざくろもふきとばせ どっどどどどうどどどうどどどう 谷川の岸に小さな四角な学校がありました。 学校といっても入口とあとは …
作品に特徴的な語句
足駄あしだ かば 覚悟かくご 銅鑼どら すぎ 洗濯せんたく 蓮華れんげ 口笛くちぶえ なし やなぎ 函館はこだて 群青ぐんじょう だいだい 見廻みまわ 屋敷やしき 退屈たいくつ つぶ だん かど 紫色むらさきいろ きのこ 白樺しらかば 白壁しらかべ いね 苹果りんご 出掛でか 今頃いまごろ たけ 腰掛こしかけ 水晶すいしょう 竜巻たつまき 先頃せんころ 大儀たいぎ 烏瓜からすうり 摩擦まさつ とう けん 障碍しょうがい 颶風ぐふう 前肢まえあし 風車かざぐるま 愚鈍ぐどん 白熊しろくま 維新いしん 薄荷はっか 大悦おおよろこ りゅう 奇体きたい 附近ふきん 緊張きんちょう 湿気しっけ 揚子江ようすこう 苗代なわしろ 漏斗じょうご 連絡れんらく 大威張おおいばり 大業おおぎょう 午后ごご 充分じゅうぶん ひろ 岩燕いわつばめ 芥子坊主けしぼうず 入梅にゅうばい 草刈くさか 顕微鏡けんびきょう 白光しろびかり 転覆おっけあ 蒼黝あおぐろ 川添かわぞ 海峡かいきょう 湧水わきみず 中華ちゅうか 技手ぎて 緯度いど 花粉かふん 雪袴ゆきばかま 蛇紋岩じゃもんがん 緑柱石りょくちゅうせき