“疋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぴき63.4%
ひき22.8%
びき13.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さてばかりの盃事をすませると、まず、当座の用にと云って、塔の奥から出して来てくれたのがを十に絹を十疋でございます。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
勘作は起きあがって笊の中をいた。大きな二尺ばかりの鯉が四と、他になどが数多入っていた。勘作は驚いて眼をった。
ある神主の話 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「へん。貴様ら三ばかり食いしてやってもいいが、もけがでもするとつまらないや。おれはもっといい食べものがあるんだ」
貝の火 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)