“むら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ムラ
語句割合
56.2%
11.9%
11.0%
10.0%
3.3%
部落1.9%
村落1.2%
1.0%
聚落0.5%
不揃0.5%
凸凹0.2%
持村0.2%
斑點0.2%
0.2%
群落0.2%
自村0.2%
0.2%
農園0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四国って、ばたの托鉢していているうちに、ある日いつどこで間違えたか、山の中へんでしまいました。
人馬 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
見るとひと椿の木かげに鵙屋家代々の墓が数基ならんでいるのであったが琴女の墓らしいものはそのあたりには見あたらなかった。
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
君のまはりには多くの騎馬武者がりて押しあふごとく、またその上には黄金の中なる鷲風にふごとく見えたり 七九—八一
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
一方の幹には青い葉ががり出ているのに、他方の幹だけはいかにも苦しみえているような枝ぶりをしながらすっかり枯れていた。
菜穂子 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
暑中休暇に、ふるさとのへかえって、邑のはずれのお稲荷の沼に、毎夜、毎夜、五つ六つの狐火が燃えるという噂を聞いた。
懶惰の歌留多 (新字新仮名) / 太宰治(著)
それに蜂蜜なら、請合つて、そんじよそこいらの部落では金輪際、見つかりつこない飛びきり上等の蜜を進ぜますて。
勘次菜種油のやうに櫟林しつゝ村落西端僻在して親子凝結したやうな状態つて落付るのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
した、そして外側が赤で、内側に白と紫ののある花の咲く、人の高さ程の大きな叢になる此の草はヂギタリス(狐尾草)と云ひます。花は長い鈴か、手袋の指先のやうな形を
草鞋でも切れたのではないか。範宴は浄土寺の聚落あたりで、辻堂の縁にしばらく休んでいた。禅林寺の鐘の音が、吠える風の中で二更を告げた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうなると、今までは気が付かなかったが、実に見るに堪えない程醜くいものである。毛が不揃に延びて、青い筋が所々にって、如何にも不思議な動物である。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あの十畳の広間は、表徳当月の二十八日までに天井を凸凹なしに遣ってくれ、へえ、宜しい心得たというので遣ったが、あのくらいな若旦那は沢山ない、男がくって厭味が無くって
えい、もう構うこっちゃない、とっととばってしまうがいい、お前さんの持村も一緒に滅びてしまうがいいんだ……
小袖判然せぬ。が、二人とも紋縮緬ふのであらう、つた、んだやうな斑點のある長襦袢たのは
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
紫式部といったかたの好きだったというももっともで……おと云うがほんとうに紫……などというでしゅ、その娘が、その声で。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
火田を囲む群落の上を、鳥は群れを乱して散った
間島パルチザンの歌 (新字旧仮名) / 槙村浩(著)
自村人々交代つてをした。人々勘次挨拶つたのみで、かられた握飯であつた。はそれでも空腹れた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「ただやみくもに歩いても、迷うばかりでの外へは抜け出られませんぞ。白楊樹が正しい道の目じるしです。曲がり角へ出たら、なんでも白楊の立木を目あてに折れ進んで行ってください」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
知つてのとほり、お前さんの農園は十八人の農奴だけれど、それは人口調査の上のことで、実際はもつとずつと多くなつて、多分、二十四人には殖えてゐる筈だよ。でもそのことではありません。
明日霊銑の少年と湖辺に鼓噪すると須臾して波湧き激声雷のごとく、二牛せるを見るにその一しんで腹肋皆白し、霊銑後の蜃にてると水血に変じ
私はあれにの曲水という題まで考えてるくらいです
おれの女房 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
根本は餌取と云ふべきか。餌と云ふはを云ふなるべし。其れを取る物を云ふなり。ヱトリを早く云ひて、云ひゆがめてヱタと云へり。ヱトリを略せるなり。