“まだら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
89.2%
斑点3.8%
斑紋1.3%
0.6%
斑毛0.6%
斑白0.6%
斑點0.6%
曼陀羅0.6%
0.6%
白斑0.6%
赤斑0.6%
馬渡0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはに赤や青の着色があって、その表面には小豆を二つに割った位の小さな木の実みたいなものが一面に貼り着けてあるんです。
とむらい機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
その血痕のどす黒い斑点が、つい笹村の帰って来る二、三日前まで、土にみついていた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
その僅かに二三尺から、四五尺の高さに残っているコンクリートや煉瓦塀の断続の間に白と、黒と、灰色の斑紋になった袋の山みたような物が、射的場の堤防ぐらいの高さに盛り上っていた。
戦場 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
やがて四方が眞つ暗になつて、橋の上の人波もやゝになると、菊屋の同勢もさすがに酒も興も盡きます。
近づいて見ると、僅かにれる朝の光の中乍ら、お市の顏色や表情の凄まじいことにすぐ氣が付きます。その上首に卷きつけたのは、蛇のやうなの紐——前掛の眞田紐ではありませんか。
山茶花の朝霧ゆゑに行く鹿の子の斑毛いつくしく見ゆ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
禿げた頭の月代斑白になりまして胡麻塩交りの髭が蓬々生え頬骨が高く尖り小鼻は落ちて目も落凹み下を向いて心の或遭王難苦臨刑慾寿終念彼観音力刀尋段々壊或囚禁枷鎖
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
坂にさしかゝれるばかりなるころ、見よ一匹のの豹あらはる、輕くしていとし、斑點ある皮これを蔽へり 三一—三三
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そんなはずはないと心得ていながら、俥の梶棒があがる時、伸子はもう一遍、水のまかれた日光のささない三和土の上で、小荷物運搬の手押車をよけよけかたまっているな群集の中を物色した。
伸子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
僕は主人の案内でひととおり牛の下見をする。むろん巡査がひとりついてくる。牛疫の牛というのは黒毛の牝牛赤白斑の乳牛である。
去年 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
そして車体を前後左右にゆすぶるものだから、例の乳をしぼられながら大きな目をむき長い舌を出している赤斑の牛が、今にも絵の中からとび出して来そうであった。
火星探険 (新字新仮名) / 海野十三(著)
おもひを馳せて遠きをのぞむ、壱岐の島煙波ふかく鎖し、近海の諸島——「加唐加部島波戸馬渡
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)