“ぶち”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ブチ
語句割合
36.4%
扶持34.7%
6.9%
斑点3.5%
斑犬2.9%
2.9%
2.3%
1.7%
1.2%
斑牛1.2%
斑點1.2%
五石二人扶持0.6%
0.6%
斑猫0.6%
斑痕0.6%
斑紋0.6%
斑馬0.6%
白斑0.6%
虎斑0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
但し弾機一個不足とか、生後十七年、灰色のある若き悍馬とか、ロンドンより新荷着、および大根の種子とか、設備完全の別荘
(新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
彼女はその頃はもう、あてがい扶持の別邸住いになっていたが、そこから川村の目を忍んで、でわしのホテルへ遊びに来ることもあった。
白髪鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
滅多に手荒なことをしたことのなかった父親をして、にお島の頭髪んで、彼女をそこに捻伏せてのめすような憤怒を激発せしめた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「お由良の肩の斑点を、俺はった傷だと思うよ——毒で死んだのなら、口の中がどうかなっているはずだし、胸のあたりにも斑点が出るはずだ」
「畜生、……畜生。」と揮廻すのが棄鞭で、把手にしがみついて、さすがの悪垂真俯向けになって邸町へ敗走に及ぶのを、斑犬は波を打ってと追った。
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
朝から驟雨性の雨がざあと降って来たり、い雨が煙ったり、蛞蝓が縁に上り、井戸に黄なえて、畳の上に居ても腹の底までみ通りそうな湿っぽい日。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
別に名前のあるような淵ではないんで、村の者はトチトチ淵と云っていましたが、さあ、どう云う字を書きますかな。
紀伊国狐憑漆掻語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
あなたはお野掛けがおでいらっしゃいましたが、此の程はさっぱり野歩きもなさいませず、河岸へもいらっしゃいませんが、と御保養を遊ばしては如何でございます
のめしても飽足りない奴だ」
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
瀉にはまた「ワラスボ」といふ鰻に似て肌の生赤い斑點のある、ぬるぬるとした靜脈色の魚もゐた。魚といふよりも寧ろ蛇類の癩病にかかつた姿である。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
禄高は五石二人扶持という指南番にしては甚しい小禄であるが、オカへあがるとバカであるから、領下の民にサムライをバカにさせる気風をつくってはこまる。そこで源左が
その頃の秤座は通四丁目の一角を占める大きな建物で、役人としてはわずか切米十俵二人の小身ですが、二た戸前の土蔵を背後に背負って、繁昌眼を驚かすばかり。
「こんな大きな斑猫を!」
薄暮の貌 (新字旧仮名) / 飯田蛇笏(著)
髪は、禿げ上がり、顔は赤黒い無気味な照りを持って、れた唇のわきには、紫いろの斑痕が出来ていて、人の二倍もあるかのように全体が畸形に大きくれているのだ。
大谷刑部 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、自ら手拭出して拭きたりしも、化学染めの米沢平、乾ける後には、めて斑紋を留めたらん。気の毒に。
元日の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
毛むくじゃらの小さな斑馬も、やはり体じゅう真っ白になって、こほんこほん咳をしていた。わたしはそれをよくおぼえている。
白斑の大きな木馬のの上に小さい主人が、両足をん張ってがると、白い房々したを動かして馬は前後に揺れるのだった。
山の手の子 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
応接間の構造は流石に当市でも一流どころだけあって実に見事なものであった。天井裏から下った銀と硝子の森林みたような花電燈。それから黒虎斑の這入った石造の大煖炉。理髪屋式の大鏡。
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
〈野驢は女直遼東にづ、驢に似て色、鬃尾長〉といったはチゲタイで、〈野馬は馬に似て小、今甘州粛州および遼東山中にもまたこれあり、その皮を取りてす、その肉を食い