大谷刑部おおたにぎょうぶ
七月の上旬である。唐黍のからからとうごく間に、積層雲の高い空が焦けきッた鉄板みたいにじいんと照りつけていた。 ——真っ黄いろな埃がつづく。 淀を発した騎馬、糧車、荷駄、砲隊、銃隊などの甲冑の列が、朝から晩まで、そして今日でもう七日の間も、東 …
作品に特徴的な語句
かんばせ いら がしら かお 耳朶みみ いず 吩咐いいつか 阿呆こけ たま じょう ぬか ごと くわだ 旋風せんぷう 其女そち 知己しりあい 恟々おずおず ぬの おめ 舟路しゅうろ 滞在とどま 焦々じりじり いぶ 武士もののふ くろ 杭瀬くいぜ さかん さか 斑痕ぶち 目鑑めきき すがた まなこ みぎ とき たた いくさ 篝火かがり たしか 恟々おどおど 怪訝いぶか 老婆としより けん 宿しゅく 蚊遣かや かなめ いと くち ざわ 中風ちゅうぶ さす あるじ 冷々ひえびえ 各〻めいめい うなじ 佩刀はかせ 佇立たたず はずかし うなず 金子きんす 短檠たんけい にぶ まぶた 睫毛まつげ しず 相好そうごう 長束なつか 直垂ひたたれ かま 隼人はやと あら 頬楯ほおだて かしら 病兆きざし ひそ とき 黍畑きびばたけ 無碍むげ 濃茶こいちゃ 豊前ぶぜん