“榧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かや93.3%
がや1.7%
へぎ1.7%
カエ1.7%
カヘ1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして谷川の南の、まつ黒なの木の森の方へ、あたらしいちひさなみちがついてゐました。一郎はそのみちをのぼつて行きました。
どんぐりと山猫 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「吉平殿に水漬を進ぜるから、檜物産から新らしいをとりよせて、精進にして出すがよかろう」
義人の姿 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
此が正月飾りの起りで、山かづら・羊歯の葉・寄生野老・山藍・葵・山桑など、何れも山づとと見られるものです。
山かづら・羊歯の葉・寄生野老・山藍・葵・山桑などの類に、時代による交替があるのでせう。
翁の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)