“野老”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ところ70.0%
トコロ20.0%
やろう10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
因ってその不浄を捨てに行くを奪いるに、丁子の煮汁を小便、野老に香を合せ大きな筆管を通して大便に擬しあったので、その用意の細かに感じ
此が正月飾りの起りで、山かづら・羊歯の葉・寄生野老・山藍・葵・山桑など、何れも山づとと見られるものです。
野老 声をんで してまず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)