“ところ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トコロ
語句割合
45.6%
18.4%
12.7%
土地5.4%
2.5%
場所2.5%
住所1.1%
1.0%
場処1.0%
0.9%
野老0.8%
個所0.7%
0.7%
箇所0.7%
地点0.4%
位置0.4%
地方0.4%
0.2%
個処0.2%
常呂0.2%
箇処0.2%
0.2%
境地0.1%
境涯0.1%
一座0.1%
中地0.1%
住地0.1%
住宅0.1%
0.1%
0.1%
場處0.1%
場面0.1%
0.1%
塲處0.1%
境遇0.1%
0.1%
家宅0.1%
宿所0.1%
局所0.1%
0.1%
性質0.1%
所在0.1%
本國0.1%
本土0.1%
村名0.1%
此宿0.1%
0.1%
番附位置0.1%
空間0.1%
章句0.1%
箇處0.1%
芋野老0.1%
賭場0.1%
部屋0.1%
野老芋0.1%
領下0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大体の構想に痕跡のうことのできないものはあるが、その他は間然するのない独立した創作であり、また有数な傑作でもあって
怪譚小説の話 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
居室つてると、ちやんと整頓る。書物やら反古やら亂雜まつてたのが、各々かにる。
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
「こんなことでお世間がしくてやうがないのでね、でも本當つてふんだよ」内儀さんは巡査一寸てさうして
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
昨日今日のお住居なら、土地の者も、めったに心はゆるさぬが、この加賀田に隠れ住んでからも、はや二十年余りにもなる毛利殿だ。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
勧めてくれる人があって、私はある医者のへこの娘を見せに連れて行った。その時は、大久保に住む一人の友達とも一緒だった。
芽生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
二人は側縁の下まで行つて見えなくなつた。社前の廣庭へ出たのである。——自分も位置を變へた。廣庭の見渡される場所へ。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「年は婆さん、お名は娘、住所は提灯の中でおいでなさる。……はてな、いや、分りました……が、お商売は。」
妖術 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼らは工人その他の雑職人として、通例土地の班給にあずからなかったものらしく、「古事記」垂仁天皇条に、「得ぬ玉作」という諺の存在を伝えている。
賤民概説 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
さすがに錠前くだくもあらざりき、正太は先へあがりて風入りのよき場処を見たてて、此処へ来ぬかと団扇の気あつかひ、十三の子供にはませ過ぎてをかし。
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
妹とはても肖つかぬ丸顔の、色の白い、何処と言つて美しいはないが、少し藪睨みの気味なのと片笑靨のあるのとに人好きのする表情があつた。
札幌 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
それも手に入らなくなると、あざみ、大蓼、笹の実を食い、野山へ分け入って、蕨、野老、葛などを掘りまわる。
ボニン島物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
その問答全部をここでおえするにもまいりねますが、ただあなた御参考になりそうな個所は、るべくなくしましょう。
「怒るもんか、唯喫驚するばかりだよ。僕んのお父さんなんか随分喫驚したぜ。そして最早仕方がないって言った」
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
遙かの行く手に、明るく黄金色に輝いている箇所があった。林が途切れて、陽が当たっている箇所らしい。その光明界を眼ざして左門は歩いて行くように見えた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
⦅かう、魔性の地点ぢや! 悪魔のそそのかしだ! あの人間の敵、ヘロデめが絲を引いてゐくさるのぢや。⦆
これ爾にふさわしき位置にして、また、爾にふさわしき勤めじゃ。は苦しかろうが、よく、疑わずして、ただ努めよ。玄奘の弟子の一人に悟空なるものがある。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
行つても/\知らん地方だ。低地が高台になつて瀬の早い川が逶迤と通つてゐる処もあつた。烟突も無い小舎や木の枝を編むでへた納屋がになつて、立派な邸や石造の建物が見える。
椋のミハイロ (新字旧仮名) / ボレスワフ・プルス(著)
と言ひながら、耐らないと言つたに頬擦りをする。赤兒を可愛がる處女には男の心をる樣ながある。
札幌 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
蚊のなくように、何時、どこで、なんの役でかの、狂言本読みの、作者が読んできかす、ある役の引っこみの個処が、頭の奥の方で、その当時聴いた声のままで繰返してきこえる。
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
また北見常呂郡ニクルパケ、ニクルは樹蔭、パケは端、林頭と見えている。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
未見の境を旅するといふ感じは、犇々と私の胸に迫つて来た。空は低く曇つてゐた。目を遮ぎる物もない曠野の処々には人家の屋根が見える。名も知らぬ灌木の叢生した箇処がある。
札幌 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
顳顬を蒼くして帰って行った。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
『あなたは、こんな神聖境地立派御修行などはとても段違いで、あなたの足元にもりつけはしませぬ……。』
『あなたはこちらでどんな境地ってたのですか?』真先きにそうねました。『最初からここではないようにきいてりますが……。』
『あんな名僧知識われたがまだこんな薄暗境涯るのかしら……。』時々意外ずるような場合もあるのでございます。
そんなことばかりえていると、境涯へはとてもめぬぞ! これからはがそなたの指導役何事もよくききわけて、さまの裔孫としての御名さぬよう
屹度、今度二丁目の市村座るという、大坂下りの、中村菊之丞一座若女形雪之丞というのに相違ないでしょう——雪之丞という人は、きまって、どこにか、雪に縁のある模様
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
ここにおいてか獣すなわち啖うその中地土および諸草木しく絳色を帯び血染のごとし、人その地をむ者芒刺を負う、疑うと信ずるとをいうなく、悲愴せざるはなしと出づ。
ある剣法の懐疑の一点をおし申さねばならぬので、かく諸国を経巡っているのだ——じゃによって、住地を定めて、新九郎殿の来るのを、待っている訳には参らぬ
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「お名前とお住宅とをなにとぞ——。」
先生の宿志、ここにおいてか足れり。すでにしてり、即日、瑞龍山先塋し、歴任衣冠魚帯め、ち封し載ちし、自ら題して、梅里先生ふ。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
昔の諺に、「玉造」ということがありまして、玉造は土地を持たなかった。また今の京都の天部部落は、もと四条河原に居まして、これを「四条河原の細工」ともあります。
の鍵に下腹冷えて留守は見渡しの總長屋、流石に錠前くだくもあらざりき、正太は先へあがりて風入りのよき場處を見たてゝ、此處へ來ぬかと團扇の氣あつかひ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
と独りでうなずきながら立去る場面であった。
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
むべきたりしをそのままに夢むるは有れ、所拠も無く夢みし跡を、歴々とかく目前に見ると云ふも有る事か。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
町内一の財産家といふに、家内祖母此子二人下腹えて留守見渡しの總長屋流石錠前くだくもあらざりき、正太へあがりて風入りのよき塲處たてゝ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
境遇すとやら、自分現世時代んだのとそっくりの景色かれて、すこともなくたった一人らしてりますと、はいつとはなしに
万延寺裏の私のへ参りまして……猪口兵衛さんにあのような深い処まで探り出されておっては隠し立てをしても役に立つまい。
へえー……にかえ、貴方神幸といふ立派御用達したお生計をなすつたおか……えーまアどうもけないことだねえ、貴方家宅の三大目の、お数寄屋出来た時に
「失礼ながらお宿所とお名前を伺わせて下さい」
朝起の人達 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
しかし、これだけでは、どれがれの弾丸で、どれが熊の生命をとつたのか分りませんから、二人は小刀を出して、その局所を切り開いてみました。
熊捕り競争 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
「全く物騒ですよ、では昨夜当到一俵盗すまれました」
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
警察のやかましいぐらい平気でいるかと思ったら、また存外神経質で処女のように臆病な性質もあった。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
大いさかさをぐものあり、ひょうひょうとして水に浮かび、流れに従って海に入る。神仙の住地を京丸と称し、花を京丸ぼたんという。地名あれども所在を知らず。云々
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
これをるゝをえざるべく、に分けてこれをらばその人疲れむ、してかゝる贈物本國慣習ふなるべし —六〇
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
たくましき樫の木の、本土の風またはヤルバの國より吹く風に拔き倒さるゝ時といふとも、そのこれにさからふこと 七〇—七二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
りませぬか」「りませぬ」どうも村名らず
塩原多助旅日記 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
何処から買入れたかと調べなければ成りません、又此の事は此宿の名主か代官へでもお届をしなければ成りません
そんな騒ぎを載せたまんま、エムデンの居そうな方向へブラリブラリと漂流し始めた。二三百もあるなんか利きやしないからね。通りかかりの船なんか一艘だって見付かりっこない。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「あの男だって相当な番附位置にまではゆけたろうにな。」
人は往々にして、真の驚異や、真の感激や、真の美意識に遭遇った時、時間空間とを忘却れるものであるが、この時の二人がまさにそれであった。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それは、英雄ジーグフリードの妻クリームヒルトが、夫を害しようとするハーゲンにらかされて、も通らぬ夫の身体の中に、一個所だけ弱点があるのを打ち明けてしまう章句だった。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
未見の境を旅するといふ感じは、犇々と私の胸に迫つて來た。空は低く曇つてゐた。目をぎる物もない曠野の處々には人家の屋根が見える。名も知らぬ灌木の叢生した箇處がある。
札幌 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
平生は芋野老などを掘りまして、乏しく生活しておりますにも似ず、目前の利害などには迷わされず、義を先にし節をび、浮薄のところとてはございません。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
三日前に、みすぼらしい風をして、俺の賭場へやって来て、昔のことを云い出し、強請りにかかった。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
(まさかお浦が、こんな部屋へ来ていようとは思われないが……)
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
一度は天保の饑饉のときにこの尾根一ぱいに野老芋蔓延って、村民はこれを掘って餓えを凌ぐことが出来たという。また、餅に混ぜて食えば食われる土が岩層の間から採れたともいう。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)