“とこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トコ
語句割合
55.5%
9.2%
8.6%
6.9%
3.7%
2.7%
1.4%
寝床1.3%
臥床1.2%
病床1.2%
1.1%
1.1%
0.6%
0.5%
0.5%
病褥0.5%
0.5%
0.4%
0.4%
0.2%
土地0.2%
夜具0.2%
寝台0.2%
0.2%
𨋳0.2%
土床0.1%
場面0.1%
家庭0.1%
寢床0.1%
床上0.1%
床梁0.1%
床間0.1%
0.1%
0.1%
温床0.1%
病臥0.1%
箇所0.1%
花床0.1%
鳥籠0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
行燈の光に照された、古色紙らしいの懸け物、懸け花入霜菊の花。——いの中には御約束通り、物寂びた趣が漂っていました。
報恩記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
伊「いゝがありますぜ、東京から遠くはありませんがね、が行って頼んだらなくも断るまいと思うんで、あれなら大丈夫だろう」
何処へ行くの?」光子がいきなりきいた。森先生のへといえば、また何とか意地悪い事を言われるのがいやさに、それとなく
先生の顔 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)
「何でございますか、向うの嘉吉さんのの婆さんが気がれて戸外へ飛び出したもんですから、で取押えるッて騒いだんですよ。」
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そこで黒猩かにすね出し、空缶を番人に投げ付け、に飛び上り、毛布で全身を隠す、その気まま育ちの小児に異ならなんだ。
解くにも、引切るにも、目に見えるか、見えないほどだし、そこらは暗し、何よりか知った洋燈の灯を——それでもって、ええ。……
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
黒斜子五所紋の上へ行儀霰上下を着け、病耄けて居る伊之助を、へ寄掛りをえて、それなりズル/\座敷へ曳摺り出しますと
「奥さん。面談したいことがあるから、起きて、寝床から出てもらえないかね」
狂女 (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
平田は臥床の上に立ッて帯を締めかけている。その帯の端に吉里は膝を投げかけ、平田の羽織を顔へ当てて伏し沈んでいる。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
孔子が病床について以来、彼は殆どつきっきりで、夜の目も寝ずに看護をして来た。もうそろそろひと月にもなろうというのに、病勢はただつのる一方である。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
ける日は追えども帰らざるに逝ける事はしえに暗きに葬むるわず。思うまじと誓える心に発矢る古き火花もあり。
薤露行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
難波人葦火してあれどが妻こそめづらしき 〔巻十一・二六五一〕 作者不詳
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
奈何な港でせうなあ。H君の話では何でも非常に淫靡なださうですね——今日は雪舟から歌麿ですかナ。」
伊豆の旅 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
周三はまた、「何點か俺の生母に似たがある。」と思ツた。で何となく懐慕しいやうにも思はれ、また其のしい末路になツて
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
お千鶴さんの兄さんが外務大臣で、先方へ乗り込んで講和の談判をなさるでしょう、それから武男が艦隊の司令長官で、何十という軍艦を向こうの港にならべてね……
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
半歳近く病褥に就いたり、起きたりしてうつら/\日を送っているうちに、持合せの金は大方消費ってった。遠く外国にいては金より他に頼みはない。
緑衣の女 (新字新仮名) / 松本泰(著)
幾重とも知れない渦を巻いて、山はしえに脚下に眠り、氷の上にはったと投げた、四個の陰影は、寂として動かない。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
品川堀が西へ曲るに来た。丸太を組んだ高櫓が畑中に突立って居る。上には紅白の幕を張って、回向院の太鼓櫓を見るようだ。北表面ると、墨黒々と筆太
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
智恵無しの奴め大鍋四辺にそれッ位無駄がついてゐるでは無いか、それへ湯を廻して砂糖さへ甘くすれば十人前や二十人は浮いて来よう、何処でも皆なそうするのだお前のばかりではない
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
とお妙は早や隔心も無く、十年の馴染のように、横ざまにれながら、して、待構えて
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「さうだつか、そないえゝ土地やつたらきまつさ、出し物はとにしまひよう。紙治』の炬燵つてみたうおまんのやが、英吉利にも炬燵がおまつしやろか。」
と是からって障子を締め、夜具を二つ並べて敷く。
水晶と宝石と湧きいづ、すべての寝台
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
その国のドルイド教の僧輩反抗もっとも烈しかったので尊者やむをえずその沃野うてたちまち荒れた沼となし川を詛うて魚を生ぜざらしめ缶子を詛うていくら火を多くいても沸かざらしめ
けたゝましく音を立てて燃える松明の光は、一しきり赤くゆらぎながら、忽ち狭いの中を鮮かに照し出しましたが、𨋳の上にらしく、鎖にかけられた女房は——あゝ、誰か見違へを致しませう。
地獄変 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「草花の土床を作ろうと思ってな」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ハンカチで襟元をりながら窓際によりそって、スリ硝子のはまった開き窓を押しあけたのだが、何気なく前の家を見ると、急に悪い場面でも見たように顔をそむけて、そのまま自分の席へ戻り
銀座幽霊 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
身分の釣り合った良い家庭のお嬢さんを正式にお貰いになって、今ごろは世間並みのしゃんとした暮らしをしていらっしゃる筈の立派な青年を、あなたは誘惑なすったんですもの。
決闘 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
こゝの女中も矢張内儀さんと同じやうに、丁寧な、優しい口の利きやうをして、吾儕の爲に温暖い、心地の好い寢床を延べて呉れた。吾儕は皆な疲れて横に成つた。
伊豆の旅 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
おりから五点をうつ床上の置き時計を顧みて
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
じゃございませんか。それからこいつが轆轤座切梁、ええと、こいつが甲板の、こいつがでこいつが床梁、それからこいつが笠木、結び、以上は横材でございます」
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
伝右衛門は、思い余って、三日の朝、上之間の床間へ、花をけた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おさんじゃあ構わなかったっけか。」
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
天明、を下る時、黄生『卿の為にこそここには来つれ、これよりは孤寂の思ひをなせしめそ』とあるに、絳雪ほほゑみ諾へり。
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
各自に米が五合に銭十五銭宛持寄って、飲んだり食ったりを尽すのだ。まだ/\と云うて居る内に、そろ/\の用が出て来る。落葉き寄せて、甘藷南瓜胡瓜温床の仕度もせねばならぬ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
おめえが帰られなくなってから、病臥についちまったんだ。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お房の母は愛想く、「窮屈な、嫌な箇所でせう。」
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
「こんなに腕がいいとは思わなかった」竹村は、伸子がたたずんでいる側へ出て来て、それを育て、花さかせた者の注意ぶかい視線で花床を見まわりながら
二つの庭 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
この次に、「淡海路鳥籠の山なるいさや川此頃は恋ひつつもあらむ」(巻四・四八七)という歌があり、上半は序詞だが、やはり古調で佳い歌である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)