“ねだい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
寝台58.5%
26.4%
寢臺7.5%
寐台1.9%
1.9%
牀榻1.9%
寐臺0.9%
寝床0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
病人は寝台から飛び降りたい様子で、起き上がった。しかしもう力を使い尽したと見えて、死物のようにばたりと寝台の上に倒れた。
みれん (新字新仮名) / アルツール・シュニッツレル(著)
ある晩、竇は友人とを一つにして寝ていた。と、忽ち前の褐衣の内官が来て、王の命を伝えて竇を召した。竇は喜んでついていった。
蓮花公主 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
車つき寢臺の上に乘せられ、魔睡劑の利き目がまだ殘つてゐるのが運び去られる。母らしい老人に負ぶさり、足のさきに繃帶された娘が出て行く。
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
それは昼間であったか夜であったか忘れたが多分夜であったのであろう。一等客は漱石氏と私との二人きりであった。漱石氏は棚になっている上の寐台ね、私は下の方の寐台にた。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
成はの上に身を悶えて、ただ自殺したいとばかり思っていた。その時村へ一人のせむしのが来て、神を祭ってをした。成の細君は金を持って巫の所へ成の身の上のことをきにいった。
促織 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
十娘はすぐに出て往ったが、翌日になって崑の家は母屋から火が出て幾棟かに延焼し、几案牀榻、何もかも灰になってしまった。崑は怒って蛙神の祠へ往って言った。
青蛙神 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
しさにり、病院服も、シヤツも、ぴり/\と引裂くのでつたが、其儘氣絶して寐臺れてつた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
ち、しいでもしたかのやうに、へるなり、院長へくるりとけて、寐臺になつた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
寝床の上に起き直りたる梅子の枕頭には、校服のまゝなる剛一の慰顔なる
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)