蓮花公主れんかこうしゅ
膠州の竇旭は幼な名を暁暉といっていた。ある日昼寝をしていると、一人の褐色の衣を着た男が榻の前に来たが、おずおずしてこっちを見たり後を見たりして、何かいいたいことでもあるようであった。竇は訊いた。 「何か御用ですか。」 褐衣の人はいった。 「 …
作品に特徴的な語句
わけ へや ばか すす まさ よっ あかり せき わざわい 巨蟒きょもう 優渥ねんごろ ことごと つくえ とう くつがえ へい 妖怪ばけもの たけなわ つか かき 膠州こうしゅう 賓主ひんしゅ 盤踞ばんきょ 黒翼こくよく わざわい 黄門こうもん おどろ 竇旭とうきょく 駙馬ふば 笙歌しょうか さかずき のき あか うなず 絡繹らくえき かね 陪侍ばいじ うつ 茅廬あばらや にしき 蕃息はんそく 蘭麝らんじゃ うわばみ たもと もすそ 邱墟きゅうきょ つづみ 褐色かっしょく 褐衣かつい 対句ついく 宮眷きゅうけん へや 妖蟒ようもう 妖物ばけもの はし 奏聞そうもん 夙縁しゅくえん はたけ 国祚こくそ 呑食どんしょく すなわ かく 偏殿へんでん 暁暉ぎょうき 珮環おびだま ひき とこ 毛氈もうせん ねだい 桂府けいふ ちん おわ 旦夕たんせき はた ひと 扁額へんがく 惨澹さんたん うやうや