“癡”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
27.3%
18.2%
たは18.2%
うつ9.1%
おそ9.1%
おろか9.1%
ばか9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
世事紛紜として慨嘆を長うす、人情浮薄にして日に推移す。知るやいなや十三年の後、頑鈍依然としてを守るを。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
そは愚かしきあだ心、はたや卑しきれごこち。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
無常因果と、世にもけたる乞食坊主のえせ假聲、武士がどの口もて言ひ得るぞ。弓矢とる身に何の無常、何の因果。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
てじと投げぬれば
騎士と姫 (新字旧仮名) / 末吉安持(著)
おほきみの御稜威かがやく狂業するな漢人 (平賀元義)
愛国歌小観 (旧字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
我をて宮のうちなる畫堂に入り給ひぬ。美しき畫幀に對して、我がき問、なる評などするを、面白がりて笑ひ給ひぬ。後人々に我詞を語りつぎ給ふごとに、人々皆聲高く笑はずといふことなし。
竇はのように考えこんでいたので、そこでまたその言葉が聞えなかった。竇の近くにいた侍臣の一人が竇の足をそっと踏んでいった。
蓮花公主 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)