“假聲”のいろいろな読み方と例文
新字:仮声
読み方割合
こわいろ66.7%
こはいろ16.7%
つくりごゑ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
無常因果と、世にもけたる乞食坊主のえせ假聲、武士がどの口もて言ひ得るぞ。弓矢とる身に何の無常、何の因果。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
彼等垣根つてへてぴゆう/\としくらしてたり、戸口下駄けていたり、勘次ちようとする假聲使つておつぎをんだりした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
さなり、我なりと、われは假聲して答へたり。室内の燈消ゆると共に、ジエンナロは窓より跳り出で、いち足出して逃げて行く。其外套は風にれり。