“假借”の読み方と例文
新字:仮借
読み方割合
かしやく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
義雄の態度は寸毫假借しないと云ふ勢ひだ。そして、忿怒の爲めに、相手を見つめる目が燃えて來た。昇は然し左ほど熱しない。
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
平次は假借しません。八五郎に手傳はせて押込むやうにそれ/″\の部署にかせると、家の中は暫く、死の寂寞が領しました。
それでも私は、彼の缺點を忘れはしなかつた。實際出來なかつたのだ。彼は屡々缺點を私に見せたので。彼は傲慢で、皮肉で、何に限らず卑俗なのを全然假借しなかつた。