“こわいろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
声色54.5%
仮声20.1%
聲色11.0%
仮色7.8%
假聲2.6%
假白1.3%
仮白0.6%
似声0.6%
假色0.6%
声音0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それくらいのことなら四人の口合いでも出来ることだし、ひょっとすると、そのうちの誰かが里春の声色を使ったのかも知れない。
と、下唇をらすのを、女房はこの芸なしの口不調法、お世辞の気で、どっかで喧嘩した時の仮声をつかうのかと思っていると
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一寸法師の玉六だよ、あの一寸法師は物眞似聲色の名人だ。衝立の蔭にもう一つの道化のをチラ付かせて、玉吉の聲色で歌つてゐたんだ。
こんなにものを云つてる人間が自分の外にあつて、自分はただその仮色をつかつてるにすぎないのではあるまいかとさへ思はれた。
計画 (新字旧仮名) / 平出修(著)
だよう、おとつゝあにられつから、おとつゝあ勘辨してくろよう」と歔欷くやうな假聲えた。惘然としててがどよめいた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
斯の兄は其頃から度々上京しまして旅屋に日を送りましたから、私もよく銀座邊の寄席へは連れられて行きましたが、騷がしい樂屋の鳴物だの役者の假白だのを聞いて居ると
芸人が高座でする毎時きまりきった色話だとか、仮白だとかが、それほど彼の耳を慰めるでも無かった。彼は好きな巻煙草をしながら、後の方の隠れた場所に座蒲団を敷いて、独りで黙って坐った。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
かれはしゃものような声で弁士の似声を使ったり、またげて剣劇のまねをするので女中達は喜んで喝采した。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
こんなにものを云つてる人間が自分の外にあつて、自分はただその假色をつかつてるにすぎないのではあるまいかとさへ思はれた。
計画 (旧字旧仮名) / 平出修(著)
まず課長殿の身態声音はおろか、咳払いの様子からの仕方まで真似たものだ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)