幼き日おさなきひ(ある婦人に与ふる手紙)(あるふじんにあたうるてがみ)
私の子供が初めて小學校へ通ふやうに成つた其翌日から、私は斯の手紙を書き始めます。昨日の朝、吾家では子供の爲に赤の御飯を祝ひました。輝く燈火の影に夜更しすることの多い都會の生活の中でも、子供ばかりは夜も早く寢、朝も早く起きますから、弟の方も兄 …
作品に特徴的な語句
老爺ぢゝ しまひ はづれ むだ やつと はなはだ 老爺ぢいさん しまひ 祖母ばゝ しよ かゝ もちぐさ ゆら 下婢をんな うち かほ 器物うつはもの ところ 幼少をさな かゝ 閑寂しん 奈何どん 洒落しやらく 老爺おぢい 動搖ゆす おそろ はな すゞ そゝ 毛布ケツト つか きつ 心地こゝろもち たもと 成長しとな 送迎おくりむかへ 中央なかほど とこ 年長としうへ 群集ひとごみ 食物くひもの 尋常たゞ いき たかぶ 光景さま 眼前めのまへ 幼少ちひさ 年長うへ こま 可厭いと 佇立たゝず くは しや 金錢おかね 容姿ようす 堆高うづだか 壯健ぢやうぶ 相違ちがひ 交換とりかは かづら あが 往來ゆきゝ おぶ 強請ねだ さかさ 年少した 串談じやうだん 幣帛ぬさ 山間やまあひ こしら ぶん 金錢おあし 斯樣かう 明瞭はつきり あざ あし 直接ぢか たぐひ 淫蕩みだら 侮辱はづかしめ へり ゑぐ ひと 香氣かをり いが 八歳やつつ 馬丁べつたう をさ 柔軟やはらか くは ひゝらぎ 奈何どう 紙鳶だこ うるさ