“柊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひいらぎ85.0%
ひひらぎ10.0%
ひゝらぎ5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
聖降誕祭お目出とうなどと云って廻っている鈍児どもはどいつもこいつもそいつのプディングの中へ一緒に煮込んで、心臓にの棒を
みちばたの土手の上に、の木が一本植わつてゐました。その木の下に、年とつた、みすぼらしい坊さんがやすんでゐました。
鳥右ヱ門諸国をめぐる (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
葉の尖つた、暗い杉、巴丹杏などが其邊に茂つて居まして、木戸の横手にある石垣の隅には見上げるほど高い枳殼が立つて居ました。