“藤袴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふじばかま66.7%
ふぢばかま33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
微禄の旗本屋敷の塀の、崩れた裾などに藤袴の花が、水引きの紅をひいて、空色に立っている姿などは、憐れみ深いものである。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
自分ながら嫌気のするような容貌をもう一度映しなおして見た、岸に咲きみだれた藤袴の花が、私の影にそうて優しい姿を水に投げている。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
「我圃秋芳誇許多。更無一種渉驕奢。最堪愛処知何是。高格清香楚畹花。」後者の詠ずる所は例の蘭草藤袴である。園楓和多田玄順る所のだと云つてある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「はぎの花を葛花瞿麦の花、をみなへし又藤袴朝貌の花」である。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)