“藤袴”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふじばかま66.7%
ふぢばかま33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“藤袴”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学5.0%
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)0.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
微禄の旗本屋敷の塀の、崩れた裾などに藤袴ふじばかまの花が、水引きの紅をひいて、空色に立っている姿などは、憐れみ深いものである。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
秋の野のだれのでもない藤袴ふじばかまはこの人が通ればもとの香が隠れてなつかしい香に変わるのであった。
源氏物語:44 匂宮 (新字新仮名) / 紫式部(著)
「我圃秋芳誇許多。更無一種渉驕奢。最堪愛処知何是。高格清香楚〓花。」後者の詠ずる所は例の蘭草らんさう藤袴ふぢばかまである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
おなじ野の露にやつるる藤袴ふぢばかま哀れはかけよかごとばかりも
源氏物語:30 藤袴 (新字新仮名) / 紫式部(著)