“藤袴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふじばかま66.7%
ふぢばかま33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
微禄の旗本屋敷の塀の、崩れた裾などに藤袴ふじばかまの花が、水引きの紅をひいて、空色に立っている姿などは、憐れみ深いものである。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
竜之助は松林の、夜露のかからないようなところへゴロリと横になりました。いたいけな藤袴ふじばかまが、それに押しつぶされ、かよわい女郎花おみなえしが、危なくそれを避けています。
大菩薩峠:20 禹門三級の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
秋の野のだれのでもない藤袴ふじばかまはこの人が通ればもとの香が隠れてなつかしい香に変わるのであった。
源氏物語:44 匂宮 (新字新仮名) / 紫式部(著)
波紋は静まって水はまたもとの鏡にかえった、私は俯伏して、自分ながら嫌気のするような容貌かおつきをもう一度映しなおして見た、岸に咲きみだれた藤袴ふじばかまの花が、私の影にそうて優しい姿を水に投げている。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
藤袴ふじばかま吾亦紅われもこうなど名にめでて
六百句 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
「我圃秋芳誇許多。更無一種渉驕奢。最堪愛処知何是。高格清香楚畹花。」後者の詠ずる所は例の蘭草らんさう藤袴ふぢばかまである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
おなじ野の露にやつるる藤袴ふぢばかま哀れはかけよかごとばかりも
源氏物語:30 藤袴 (新字新仮名) / 紫式部(著)
藤袴ふぢばかま
未刊童謡 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
秋の七種ななくさの歌は著名なもので、『万葉集』巻八に出て山上憶良やまのうえのおくらが咏んだもので、その歌は誰もがよく知っている通り、「秋のきたる花をおより、かき数ふれば七種の花」、「はぎの花をばな葛花くずばな瞿麦なでしこの花、をみなへし又藤袴ふぢばかま朝貌あさがほの花」である。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
「秋園詠所見」の詩の中に藤袴ふぢばかまの一絶がある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)