“瞿麦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なでしこ90.9%
ナデシコ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
瞿麦の花をえると天人が降りるということを聞いて、庭にその種子をいて見ると、果して天人が降りて来て水に浴して遊んだ。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
軒の柳、出窓の瞿麦、お夏の柳屋は路地の角で、人形町のとある裏町。端から端へ吹通す風は、目に見えぬ秋の音信である。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
浅間巴之丞の奥方瞿麦が毒酒を盛つて、悪瘡を発した愛妾を菖蒲咲く八橋にひき出してなぶり殺しにする。其が狂言では、後室百合の方となつて居て、おなじ嫉妬ながら、少し風変りに書かれてゐる。
草双紙と講釈の世界 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)