“瞿麦”の読み方と例文
読み方割合
なでしこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
軒の柳、出窓の瞿麦なでしこ、お夏の柳屋は路地の角で、人形町どおりのとある裏町。端から端へ吹通す風は、目に見えぬ秋の音信おとずれである。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
瞿麦なでしこの花をえると天人が降りるということを聞いて、庭にその種子をいて見ると、果して天人が降りて来て水に浴して遊んだ。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
又「浅間嶽面影双紙」の時鳥といふ浅間家の妾が、瞿麦なでしこといふ老女に殺されるのだが、その時鳥を菊五郎がすれば、瞿麦は団十郎が勤めるといふやうなものである。
役者の一生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「寿南畝大田先生七十。避世金門一老仙。却将文史被人伝。詼諧亦比東方朔。甲子三千政有縁。」詩は梅を詠ずる作と瞿麦なでしこを詠ずる作との間にはさまつてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
巻二(一九六)の人麿の歌に、「春べは花折り揷頭かざしし、秋たてば黄葉もみぢば揷頭かざし」とある如く、梅も桜も萩も瞿麦なでしこも山吹も柳も藤も揷頭にしたが、檜も梨もその小枝を揷頭にしたものと見える。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
瞿麦なでしこ重ねの薄物の袙を着、濃いはかまをしどけなく引き上げて、問題の筥を香染めの布に包み、紅い色紙いろがみに絵を書いた扇でさし隠しながら出て来たので、こっそり跡をつけて行って、人目のない所へ来た時
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
そうして心もちも何だか悪いので、すぐ几帳きちょうを隔てて、打ち臥していると、其処へ留守居をしていた者がひょいと寄ってきて「瞿麦なでしこの種をとろうとしましたら、根がすっかり無くなっておりました。それから呉竹も一本倒れました、よく手入れをさせて置きましたのですが——」などと私に言い出した。
かげろうの日記 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
秋の七種ななくさの歌は著名なもので、『万葉集』巻八に出て山上憶良やまのうえのおくらが咏んだもので、その歌は誰もがよく知っている通り、「秋のきたる花をおより、かき数ふれば七種の花」、「はぎの花をばな葛花くずばな瞿麦なでしこの花、をみなへし又藤袴ふぢばかま朝貌あさがほの花」である。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)