年中行事覚書ねんじゅうぎょうじおぼえがき
日本の年中行事が、近頃再び内外人の注意をひくようになったことは事実だが、その興味の中心というべきものが、これからどの方角へ向おうとしているのか、久しくこういう問題に携わっている者には、かえって見当をつけることがむつかしい。しかし少なくとも子 …
作品に特徴的な語句
むけ ばた しこ とう せち 一日ついたち 頬冠ほほかむ おも いも しる 葛城かずらぎ しん いず 神座しんざ ねぶ かたわ わが かけ のげ 若年わかとし ちがや いみ 御祓おはらえ よう やま 九日くんち みそか すこ ぎね 大音おおおと 大眼だいまなこ がた 跛者はしゃ かく がみ 金玉きんだま 化粧けわい いで あら 児女ちご ちご かけ 忌籠いこも もう へり 引廻ひきめぐ 庚申かのえさる がた とろか くれ ひき もち くつが ぶし ゆだ つまびらか かた 太初たいしょ たん 大火おおび つい とう くう のど 水性みずのしょう 厳重げんちょう いわい 八頭やつ 焼畑やきはた りょう さく にわび さる 一邑ひとむら ねむり いつ 幸木さいわいぎ あらかじ 竿ざお 端々はしはし 夏花げばな にわとり 引板ひきいた 童児どうじ にぎや 墓薙はかな 中言なかごと 立派りっぱ おと 微行びこう 御霊ごりょう 省察しょうさつ