年中行事覚書ねんじゅうぎょうじおぼえがき
日本の年中行事が、近頃再び内外人の注意をひくようになったことは事実だが、その興味の中心というべきものが、これからどの方角へ向おうとしているのか、久しくこういう問題に携わっている者には、かえって見当をつ …
作品に特徴的な語句
むけ ばた しこ とう せち 一日ついたち 頬冠ほほかむ いず かたわ しる おも しん ねぶ 神座しんざ いも 葛城かずらぎ すこ ちご 児女ちご いで がた 大眼だいまなこ 御祓おはらえ いみ かけ わが みそか ぎね かく あら やま がみ のげ 若年わかとし ちがや よう たん 跛者はしゃ 金玉きんだま 一邑ひとむら 九日くんち りょう さく 八頭やつ 化粧けわい 厳重げんちょう のど 大火おおび 大音おおおと 太初たいしょ ゆだ 庚申かのえさる 引廻ひきめぐ 忌籠いこも がた くれ ひき もち とう 水性みずのしょう 焼畑やきはた にわび さる ねむり いわい くう ぶし へり もう とろか くつが つまびらか かた つい かけ 三夜さんや 上下かみしも 中言なかごと あらかじ とも にわ からかさ うさぎ こご つら つと 勤仕きんし うま いと 四隣しりん 坐睡いねむ